ウォーター

体を元気にする水素水の効果【不要な活性酸素を除去しよう】

水素で健康生活

お風呂

入浴時に気をつけること

水素風呂で健康対策を行いたい時には、入浴時間に気をつけなければなりません。水素は分子のとても小さなものですので細胞の隙間にスムーズに入っていくことができ、浸透率に優れていますが、入浴後すぐに全身に行き渡るわけではありません。皮膚呼吸によって体内に入り込んだ水素がきちんと巡るまでには約7分程かかりますので、少なくとも10分程度はお湯に浸かる必要があります。熱いお湯に浸かるとすぐにのぼせてしまいますので、温めに設定することが大切です。温めのお湯にゆっくりと浸かる行為は人をリラックスさせて、筋肉の凝りをほぐすことができます。水素風呂の健康効果にプラスしてリラックス効果まで得られればとても有効な対策になります。

押さえておきたいポイント

水素風呂を始める際には押さえておきたいポイントがあります。一つ目は、体だけでなく頭や髪もお湯に浸けて効果を得るという点です。頭皮のたるみを解消したり健康な髪の毛を作り出すのをサポートしてくれます。二つ目は、導入する方法によってランニングコストに差が出るという点です。水素風呂を利用すると言っても、入浴剤を入れるだけの方法やお風呂用水素発生器を利用する方法等色々とあります。続ける自信のない人は入浴剤から始めた方が無難ですが、家族全員で長期間利用したいという場合にはお風呂用水素発生器を使った方が最終的には安くなります。実は水素は水として飲むよりもお風呂で皮膚から吸収した方が吸収率が良いとされています。